電子情報通信学会創立100周年記念イベント

     

    開催にあたってのご挨拶

     2017年に電子情報通信学会が創立100周年を迎えるに当たり、創立100周年イベントを開催できますことを大変うれしく思います。 ICTがこれからの地域社会の発展にいかに貢献していくのかを、昨年4月に熊本地震を経験された熊本において議論できることは大変意義深いことであります。

     今回、全国的に注目される「ICTと防災・震災復興」「キッズプログラミング教育」といったテーマについて活発な議論がなされ、学会員を始め熊本の地にお集まりいただく多くの方々と知見と体験を共有できますことを大変うれしく存じます。

     

    ★☆ ↓ ↓ ↓ お申し込みはフォームから ↓ ↓ ↓ ★☆

    ★☆ ↑ ↑ ↑ お申し込みはフォームから ↑ ↑ ↑ ★☆

     

    テーマ

    地域におけるICTの未来について考える

    サブテーマ

    「ICTと防災・震災復興」
    「キッズプログラミング教育」

    期日

    平成29年11月18日(土)12時から16時まで

    会場 

    会場①:開会式及びパネルディスカッション

    熊本市国際交流会館 [地図はこちら]
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4番18号
    TEL:096-359-2020 FAX:096-359-5783
    http://www.kumamoto-if.or.jp/kcic/

    会場②:展示及び体験コーナー

    NTT西日本熊本支店スマートひかりスクウェア [地図はこちら]
    〒860-0805 熊本市中央区桜町3-1 NTT西日本熊本支店 桜町ビル1F
    TEL:0800-200-1592
    http://www.ntt-west.co.jp/kumamoto/showroom/

    参加料

    無料

    関連リンク

     

    パネルディスカッション①「ICTと防災・震災復興」 

    会場:熊本市国際交流会館6階ホール (熊本市中央区花畑町4-18)
    開始時刻:13時
    司会 黒木よしひろ

    パネラー
    荒木義行 合志市市長
    植松浩二 熊本市副市長
    島崎敢  (国立防災科学技術研究所)
    矢島誠  (熊本朝日放送)
    谷口英樹 (NTT西日本)
    上田健次 (NECソリューションイノベータ)
    浅川浩二 (よか隊ネット熊本)

    開催概要
    過日、熊本では地震が起き、現在はその復興に必死に取り組まれている。このような時期に、高度に発達したICTを使って復興にどのような貢献ができるのか、また、未来に生じる地震において防災の観点からどのような手段をとることができるのかを議論する。

     

    パネルディスカッション②「キッズプログラミング教育」 

    会場:熊本市国際交流会館6階ホール (熊本市中央区花畑町4-18)
    開始時刻:14時20分
    司会 黒木よしひろ

    パネラー
    遠藤洋路 熊本市教育長
    木村義政 崇城大学情報学部教授
    潟口健也 (熊本市立川尻小学校)
    片山忍  (明光義塾)
    渡邉典子 (株式会社ワイズ・リーディング)

    開催概要
    2020年に学習指導要領の施行により小学校でプログラミングを用いた教育が始まる。その目的や効果、望まれる環境などについて意見を交わす。

     

    展示・体験・イベントコーナー 

    NTT西日本熊本支店スマートひかりスクウェア [地図はこちら]
    〒860-0805 熊本市中央区桜町3-1 NTT西日本熊本支店 桜町ビル1F
    TEL:0800-200-1592
    http://www.ntt-west.co.jp/kumamoto/showroom/

    展示・体験コーナーはどなたでもご参加可能です。特に体験コーナーは親子連れ大歓迎です!

    (内容は変更される事があります)

    プログラミング教育コーナー

    (1)動くプログラマブルトーイズ
    ・レゴロボット/レゴ・マインドストーム
    ・MESH(メッシュ)/IoTブロック
    ・Sphero(スフィロ)/プログラミングできるボール
    ・Strawbees(ストロービーズ)/ストローを使った知育玩具
    ・PETS(ペッツ)/木製プログラミング学習用ロボット
    ・Pepper(ペッパー)/多機能人型ロボット

    (2)楽しいプログラム体験
    ・Scratch(スクラッチ)
    ・Hour of Code(アワーオブコード)
    ・プログル
    ・Viscuit(ビスケット)
    ・GLICODE(グリコード)

    (3)電子工作
    ・micro:bit(マイクロビット)/教育向けマイコンボード
    ・Arduino(アルドゥイーノ)/マイコンボード

    (4)VR体験コーナー
    ・Hololens(ホロレンズ)/ヘッドセットによる本格的VR体験
    ・ハコスコ/簡易ヘッドセットとスマホによるVR体験

    (5)ゲームコーナー
    ・Unity(ユニティ)
    ・Minecraft(マインクラフト)

    展示コーナー

    (1)スマホアプリ
    ・MySOSスマホアプリ  ・救援依頼・AED検索アプリ

    (2)避難所運営システム
    ・避難所アセスメント/WordPress避難所管理サイト
    ・性別・年齢自動推定システム/顔認証技術で人数・年齢層・性別把握や複数避難所での家族捜索I

    (3)災害時対応システム
    ・移動式ICTユニット/災害時に通信を可能にするユニット
    ・(仮)道路状況把握システム等/道路を走って被害状況を把握
    ・(仮)通信設備被災検知センサ

    (4)防災啓発
    ・「激震熊本 通信網復旧への軌跡」冊子展示/NTT西日本

     

     

    主催

    一般社団法人電子情報通信学会九州支部
    電子情報通信学会九州支部「ICTと防災・震災復興」実行委員会

    後援

    総務省九州総合通信局 熊本市 合志市 熊本市教育委員会 崇城大学 熊本朝日放送 熊本県民テレビ 熊本信用金庫 NTT西日本 J:COM熊本 NECソリューションイノベータ 崇城大学SCB放送局

     展示協力団体

    (株)アルム (有)アクアマリーンWeb事業部 (株)ワイズ・リーディング NPO法人HITOプロジェクト KumaMCN (有)マリオネット ネイチャー・サイエンス・スクール ロボファーム レイア

     

    展示・体験コーナー

    ※内容は変更になることがあります

    プログラミング教育コーナー

    (1)動くプログラマブルトーイズ

    ・レゴロボット/レゴ・マインドストーム
    ・MESH(メッシュ)/IoTブロック
    ・Sphero(スフィロ)/プログラミングできるボール
    ・Strawbees(ストロービーズ)/ストローを使った知育玩具
    ・PETS(ペッツ)/木製プログラミング学習用ロボット
    ・Pepper(ペッパー)/多機能人型ロボット

    kodomo
    (2)楽しいプログラム体験

    ・Scratch(スクラッチ)
    ・Hour of Code(アワーオブコード)
    ・プログル
    ・Viscuit(ビスケット)
    ・GLICODE(グリコード)

    (3)電子工作

    ・micro:bit(マイクロビット)/教育向けマイコンボード
    ・Arduino(アルドゥイーノ)/マイコンボード

    (4)VR体験コーナー

    ・Hololens(ホロレンズ)/ヘッドセットによる本格的VR体験
    ・ハコスコ/簡易ヘッドセットとスマホによるVR体験

    (5)ゲームコーナー

    ・Unity(ユニティ)
    ・Minecraft(マインクラフト)

    防災コーナー

    (1)スマホアプリ

    ・MySOSスマホアプリ/救急ガイド・救援依頼・AED検索アプリ/株式会社アルム

    (2)避難所運営システム

    ・避難所アセスメント/WordPress避難所管理サイト/(有)アクアマリーンWeb事業部 高岡氏
    ・性別・年齢自動推定システム/顔認証技術で人数・年齢層・性別把握や複数避難所での家族捜索/NEC-SI

    (3)災害時対応システム

    ・移動式ICTユニット/災害時に通信を可能にするユニット/NTT-AT
    ・(仮)道路状況把握システム等/道路を走って被害状況を把握/NTT-FT
    ・(仮)通信設備被災検知センサ/NTT九州事業本部

    (4)防災啓発

    ・「激震熊本 通信網復旧への軌跡」冊子展示/NTT西日本

    © 2017 IEICE KYUSHU. All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS